うどん・そば店様

全てのお客様の思いは全員が同じでした。
多くのお客様が私共のサイトに訪れて、実際にサンプルをご依頼されています。
既にお蕎麦のお店を開業されている方もいれば、これから独立されてうどん店を開こうとされている方、新しい味作りに挑戦する方など様々です。

本当の味作りを目指したい

自分の味にこだわりたい

という思いが僕の旨にひしひしと伝わってくる事でした。
小林食品のサイトに訪れる人達の集まりは、もちろんあなたも含めてプロの味作りの集まりだったのです。初めは我々もわかりませんでした。
ここで、少しだけ私達のお話をきいてください。

「独自製法」鰹削り節の味ができるまで

今でこそ年間1000トン以上の鰹節を取り扱うまでになり、日本を代表する食品会社様から伝統の暖簾を守り続ける、お蕎麦屋様のご店主様とお話させてもらえるようになりましたが、20年前は何も判らない事ばかり。

多くのお客様に育ててもらい、やっとここまできました。
そんな中、お客様に信用していただけるまでには、どうしても解決しなければいけない、ある事情があったのです。そこには必ず解決しなければならない問題がありました。

我々は鰹節を専門に削るプロの集団です。
正直、申し上げてその力を自負しておりましたが、ある日お客様から、
「小林さん、だしから『生臭さ』が消えないんだよ。」
と言われました。

鰹節を削る事には絶対の自信を持っておりましたが、お客様に届いてからの事は、何1つ考えておりませんでした。愕然とした事を今でも思い出します。

それから、来る日も来る日も「鰹節削り」と「だし作り」にのめりこみました。
もう、何日も何ヶ月も、鰹節を削ってはだしを飲むという日をつづけておりました。

そしてある日、「だし」の味を変える『遠赤外線』を使って鰹節を削る独自製法にたどり着いたのです。

たどり着いた独自製法で「生臭さ」が消えた!
その瞬間、全てが変わった

実は、その製法を思いついたとき、周りの皆は不思議そうな顔をしていました。
しかしその独自製法から削った鰹節でだしを飲んだ瞬間、「生臭さ」が消えていたのです。早速ある料理店の御主人に持っていったところ、
「小林さん、けさ取ったダシとても良いよ。
 ぜひこれから使わせてもらうよ!」

とお褒めの声を聞けました。
本物の味作りをしているお客様から、御評価を頂いた瞬間でした。

今では、大手お蕎麦チェーン店様を初め、『だし』を基本とされる麺つゆメーカー様、地元の御蕎麦屋様などを含めた、全国255社様に利用していただいております。また小林食品の味を信頼してくださり、ロシア・台湾などにも輸出しており、現在も海外料理店様へのお話をいただいております。

この「独自製法」の鰹削り節の味を無料で味わえます。
我々は多くの方の味作りにお役に立ちたい。そこで、ホームページを作りあなたと出会うのを楽しみにしておりました。
しかし、実際にサイトからの御注文となりますと、あなたからしますとリスクがあります。

例えば、まだ自分の味が決まっていないのに、1kgの商品を一度購入しても、余ってしまい使い切れない。商品の品質がわからない。また、我々にとっても、味作りのお試しの段階から、お客様に製品を余らせてしまうような事は、あまりお勧めできません。

そこで、あなたが安心してお使いできるように、1度限りですが、無料お試しサンプルをご用意する事に致しました。少量でのサンプルの御案内ですので、あなたにも我々にもリスクがありません。

どのサンプルをお求めになってよいか、わからない方は、お勧め商品として、こちらを御用意しました。
全て、御蕎麦屋様、うどん店様、また、御蕎麦屋様・うどん屋様をお客様に持っております問屋様に実績がございますので、安心してご利用ください。

「うどん・そば」にお勧めの鰹節

鰹厚削

鰹厚削(No.601)

鰹荒節を厚く削った鰹厚削。
天然和風ダシが味わえます。

宗田鰹厚削

宗田鰹厚削(No.611)

古くから伝わる高知県土佐清水産の宗田かつおを使いました。「そばだし」に使えます。

枯宗田厚削

枯宗田厚削(No.631)

色合いが濃く、だし感も強く出ます。お蕎麦用に、鯖と混合して強いだしがあじわえます。

本枯節厚削

本枯節厚削(No.651)

日本の本来の味を堪能できます。
あっさりして、上品でまろやかになります。

また、いつでも質問をお受けしております。この機会にぜひお試しください。

お気軽にお問い合わせください。
あなたのブレーンがお答えします。

業務用鰹節を削り続けて30年
年間鰹節取扱い量、1,000トン以上の小林食品

  • 住所〒425-0052 静岡県焼津市田尻2154-18
  • TEL054-625-2201(専用ダイヤル) 受付時間 9:00~17:00
  • FAX054-625-2202
  • メールinfo@kobayashi-foods.co.jp