07.製造現場主任見原奮闘記!

今月はカンナ刃の交換と調整について紹介します。カンナ刃の切れ味を判断し、状態によっては刃を交換するという仕事は、私たちオペレータにとって、とても重要な仕事です。

削り節を製造していると、カンナ刃の刃先は消耗し、切れが悪くなります。切れが悪くなると、製造効率が落ちるだけでなく、製品にも粉っぽいところが増えてしまうため、調整することが必要になります。そこでカンナ刃の調整をします。

具体的には大工さんのカンナと同様に、削り盤から刃先の出る長さを調整します。(調整につきましては、この後、詳しく紹介します。)

調整を繰り返し、製造をしますが、刃先にも寿命がきます。そうすると交換です。使い古したカンナ刃を外し、刃先を研磨したカンナ刃を装着します。 カンナ刃と削り盤は止め具とボルトでとまっています。繰り返しになりますが、研磨したばかりの刃先は、とてもよく切れるので、気をつけて交換しています。

交換するときに注意することは、刃先を削り盤の窓から出しすぎないことです。出しすぎますとジョーゴという、削る節が納まるところに、刃先が当たって、刃が欠けてしまいます。

交換が出来ると、つぎに調整です。ここでいう調整というのは、刃先を削り盤の窓からどれだけ出すかというものです。この調整には勘と技術が求められます。なぜなら、0.01mmの違いを見極めないといけないからです。熟練の工員になりますと『これぞ、職人技』といえるスピードと精度で調整をすることができます。

カンナ刃の調整におきまして、まず重要であるのが“指先の感覚”です。本紙の表紙の下部に掲載されている写真をご覧ください。これがカンナ刃の調整をしている姿です。刃先を実際に触って、削り盤からどれくらい出ているかを読み取って、次に製造するものにあわせて刃先の出る量を調整しています。

このカンナ刃の調整はとても奥が深いため来月号でより詳しく紹介します。