04.洗浄における使用ブラシについて

こんにちは。

先月は、洗浄に使用するブラシ等のお話をしてきました。

「HACCP対応」ブラシの事を書きましたが、各メーカー5色ほどのラインナップをしていますので、加工場所毎であったり、清潔区と汚染区のようにエリア分けを行ってみたり、あるいはアレルゲン毎に使い分けるなど、工夫次第で色んな使い方ができます。

弊社は、削り節の製造工場ですから、清掃用具をアレルゲンによって色を変えたり、汚染区と清潔区で色分けをして使っています。

これらの清掃用具ですが、特に製造ラインの洗浄や清掃に使用する物は、清掃した後、清掃用具自体を良く清掃し、洗浄した後、適切に消毒をして、きちんと乾く様に保管する必要があります。

ほうきやデッキブラシは、保管時に床に接触しない様に注意し、きちんと乾く様にかけて置く様にしましょう。

ブラシやスポンジなどの小物は、乾く様に保管し、もしそれができないようであれば、消毒液等に漬けて保管することも良いのではないかと思います。

このようにして、清掃後は、次の清掃時に清掃用具からの汚染がないように、考慮しておかなければなりません。
せっかく清掃するのに、道具がラインを汚染しては意味がありませんから。

また、洗浄に使用する「水」の管理はいかがでしょうか?

例えば日本の水道水であれば、水道法によって安全な水が供給されていると思います。

では、井戸水のような地下水はどうしていますか?

見た目にはきれいな水も、もしかしたら微生物汚染しているかもしれません。

せっかくラインを洗剤やブラシを使って洗浄しても、すすぎに使う水が汚れていては、残念な結果になってしまいます。
そうしたことがないように、定期的に使用水の検査をしておくほうが良いです。

それぞれの県の条例で、検査項目が違うかもしれませんが、一度確認して見て下さい。

決められた検査を定期的に行って、使用水が安全であることを確認しておくことをお勧めします。

また、機械を導入して、水道法と同等の塩素を添加して使用水を殺菌することも一例として上げておきます。