08.山彦日記  12月1日

う~ん どうしよう。 山彦は今悩んでいる。めずらしく迷っている。何に悩んでいるかといえば『携帯電話』をどうしようかと迷っている。

今の携帯電話のバッテリーが弱くなっているので買い替えの必要に迫られており、次は普通の携帯電話にしようかそれとも「スマートフォン」にすべきか、どうしましょうか。

山彦は田舎者だから携帯電話を持つこと自体遅めであった。それでも周りの状況から持たざるをえないことになってしょうがなく購入した記憶がある。

確かずいぶん前だが愚息の部活動の連絡網がメールになって、しぶしぶ購入した。いや正確には保護者同士の連絡がメールになったのである。

我が家では子供の練習についての連絡は子供自身がすることにしていた。子供が高学年になって山彦が他の保護者へ連絡をしなくてはならない時一斉に流せるメールは間違いがなく 時間もかからず ありがたいサービスができたと満足した。

そして今は「スマホ」である。周りの評判は「携帯の方が使いやすい」「以前より費用が若干高め」そして一番嫌なのは「なんとなくスマホ携帯をいじってしまう」という事も耳に入る。外出先でネットが見られるといっても今までもそれなりに見られた。あの

小さい画面だとだんだん見るのが苦痛な年になってしまったし、見られたところでそれがどうよ?

現実的に考えれば、今さら従来の携帯電話を買う勇気もないので来年にはスマホを使うことになるであろうが、かつての便利感を体験できればありがたい。

なお、愚息はまだ携帯を持っていない。学校で持込み禁止にしていて、本人も欲しいとも言わないので与えていないのだが、なぜか携帯の取扱いには詳しい。やっぱり山彦がアナログすぎるのであろうか。う~ん困った…