04.個人衛生(手洗い及びトイレの維持管理)

こんにちは。
今月は、「手の消毒薬」の続きから始めます。

消毒薬は、「原液」では「有毒」であると認識して、その保管は適切に行わなければなりません。思わぬ事故にならないように、この部分はよく肝に命じておいてください。

また、適切な濃度に希釈した薬剤は、試験紙や試験薬でチェックしてください。

手の消毒薬の誤使用、濃度間違いなどで、従業員の皮膚に炎症を起こす事例が実際に発生しており、やはり、消毒剤は正しい条件で使用するべきであることも、加工業者は知っている必要があります。

特に、時間とともに消失し効果が失われるような浸漬液は、汚れがないように、濃度が適切であるように、頻繁に交換することになると思います。

また、これら消毒薬は、食品との接触を避けるために、ラインから離れた場所でかつ使いやすい場所に設置したほうが良いでしょう。

手洗い後の消毒にアルコール製剤を噴霧している工場も多くあると思います。

アルコール製剤にも、濃度があります。市販されているものにも、いろんな濃度のものが売られています。
一概には言えませんが、75%程度のものが殺菌効果が高いとされています。

揮発してしまうような状態で保管したり、あるいは、水がついた状態で使用すれば、当然アルコールの濃度も薄まります。
アルコールは、密封容器に保管し、使用する際には噴霧される側をきちんと乾燥させた状態で使用する必要があります。
このあたりも注意して、従業員教育をしていったほうが良いと思います。

続いては、「食用不適にする物質からの防御」へと進んでいきたいと思います。
では、「食用不適の食品」とは…?
・もし、食品が健康に有害なものにする有毒または有害な物質を持っていたり、含有していたら…
・もし食品が、不衛生な状態で調理され、包装され、保管されていたら、汚物で汚染されているであろうし、あるいは健康に有害になっているであろう。
上述のように、食べるにふさわしくない状態になっている食品のことを定義とします。

次号からは、こちらについて進めていきます。