03.近海一本釣り漁

先月号では、近海一本釣り漁の漁法に付いてお話をさせて頂きました。一本釣りでは、鰹の群れを見つけると活餌を撒いて群れを船体に近づけます。

今月は、この活餌についてお話をさせて頂きます。

【鰹を呼び寄せる活餌】
鰹の一本釣りにとっての活餌は、鰹の群れを鰹船に引き付けるために必要不可欠なものです。

日本沿岸の黒潮に沿って移動する鰹の群れは、移動が速く、なかなか見つけ出すことが難しいと言われています。大きな海原で双眼鏡を見ながら鳥山を探したり、ソナーで群れを探索するのですが、船によっては何日も群れに遭遇しない事もあります。ですので、鰹の群れを発見した場合は、なるべく多くの鰹を釣り上げる事が重要となります。

活餌として投入されるイワシは、鰹の大好物です。船近くに投入する事で、鰹の群れを引き付け、釣りやすくしています。ただし、鰹の群れが近づいて来てからも活餌を投入し続けるのではありません。船から散水して、あたかもイワシの群れが水面で逃げ回っている様に見せかけて、鰹の群れを長く留めておきます。

一本釣り漁に使われる活餌は、イワシだけではなく、一部の地域ではキビナゴも利用しています。

【イワシを仕入れる】
一本釣り漁を行う鰹船は、港を出航すると、活イワシを購入します。

活餌に使われるイワシは、全国各地にある海上いけすで蓄養されており、鰹船が漁場へ向かう途中に購入をしていきます。
活餌となるイワシを積み込む場合、海上いけすの網を絞り、イワシの魚群を中心に集めます。

この時、いけすの網をそのまま引き上げて、鰹船に引き上げてしまえば簡単なのですが、このやり方では活きたイワシが死んでしまいます。

活餌として利用するためには、いけすの網を絞り、イワシを中心に集めた後にバケツで海水ごとすくい上げていきます。
すくい上げられたイワシは、船内の活魚槽に移され保管します。

このイワシの販売単位は、バケツ1杯で換算されます。価格は、イワシのサイズ・漁模様で違いますが、1杯数千円(4,000円位)もします。
次号に続く・・・

http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=ikwwr2IXyLFHSUBfolb.QNU2oznv8vTrS0FlIG.EtSc5fZpKnrgLVUNOrx3bbSpXpbtC3T2iwlUfyipd0_l9_uoV888eVCAbqZGaqsDF74kLtmsAqiKhr8ICWsyIQMtFKRg-&sig=12t4hr7bu&x=170&y=121
※勝浦漁協HPより引用