03.近海一本釣り漁

先月号では、近海一本釣り漁で活餌さとして使われるイワシに付いてお話をさせて頂きました。
鰹の群れを発見し、活餌を投入すると鰹の群れは船体近くに集まり始めると一本釣り漁が開始されるのです。

【活餌の投入】
近海一本釣り漁は、鰹の群れを探す事から始まります。 現在の船による漁業はGPSを使って漁場へ向かい、ソナー(魚群探査)で魚の群れを探します。

しかし、一本釣り漁船の場合は、ソナーやGPSだけでは、鰹が見つけられません。経験豊富な船頭の勘や、船員による双眼鏡で群れを発見するといった人的要因で鰹漁が左右されます。これは鰹が黒潮にのって移動するからです。

鰹船が群れを発見すると全速で、その群れに向かいます。この時、鰹の群れはどの方向に進むのかは判りませんが、経験豊富な船頭は、経験と勘でこの群れを追いかけていきます。

鰹の群れ近くに船を進めると、まず活餌のイワシを投入します。これは鰹の群れが“食い気”があるかどうかを確認するためのもので、苦労して発見した群れでも“食い気”が無ければ釣り上げる事はできません。

また、“食い気”のある群れにあたったとしても釣り上げる事が出来るのは、一部の食い気が旺盛な個体だけなのです。
ですから、たとえ群れを発見できたとしても、全ての鰹を釣り上げるのはとても難しい事なのです。

【鰹を釣り上げる】
鰹の群れに“食い気”が確認されると船に取り付けてある撒水ポンプで、海面にシャワーを降らせます。
シャワーを降らせると鰹は興奮状態となります。

つまりイワシの群れが海面で逃げ惑っていると勘違いしてしまうのです。

興奮状態となった鰹めがけ、船員は竿を振り下ろします。糸の先には疑似針が取り付けてあり、この疑似針をエサだと勘違いした鰹が食いつきます。

竿に重みが伝わると船員は、竿を一気に引き抜き鰹を頭上に跳ね上げます。 通常、釣針には掛かった魚が暴れても外れない様に、針先にかえしと呼ばれる突起部分がありますが、鰹一本釣り漁の擬餌針にはかえしが付いていません。

このため、頭上に跳ね上げられた鰹は簡単に針が外れて、保管庫へ向かうコンベアーに集められていきます。
鰹が外れた擬餌針は、即座に海へ投入する事が出来、次々に鰹を水揚げしていきます。

次号へ続く・・・