05.購入品の受入検査の要点

●品質と数量をチェック
原材料・部品・外注品などの購入品の受入検査は、供給先から納入された購入品が、自社の要求した品質と数量に対して適性であるかを判定します。

品質については設計図に示されている品質特性を満たしているかを検査します。また、数量については発注した数量どおりに納入されたかを検査することになります。

通常、受入検査は、品質保証部門の受入検査担当部署で行っていますが、企業によっては、品質の検査は品質保証部門の検査担当部署、数量の検査は購買部門の購入品倉庫担当部署で行うなど、いろいろな形態をとっています。

●効率的で有効な方法を
品質の検査は、一般的に受入検査基準によって行いますが、その方法としては、次のようなものがあります。

①全点全数検査、②全点抜取検査、③主要品目のみ抜取検査を行い、そのほかは無検査、④供給先の品質実績に基づいて、要注意供給先のモノについて抜取検査を行ない、その他の供給先のモノは無検査、⑤新規の発注した最初の納入ロットを抜取検査し、合格すれば、その後のモノについては無検査、⑥全点無検査、など。

受入検査の目的は、品質が保障されたものを購入し、社内の製造工程での品質トラブルを最小限にして、生産性の確保と顧客に満足してもらえる製品を提供することにあります。

供給先の品質保証状況や購入品の重要度などを考慮に入れ、どのような受入検査方法を取ったら最も効率的で有効かを検討し、行っていくことが大切です。

受入検査で不適合品が発生した時の供給先および社内の関連部門への連絡や選別方法、および供給先への是正処置の有効性の確認などを盛り込んだ、不適合品是正処置方法を標準化し、供給先の品質向上を図っていくことも重要です。
参考資料:よくわかるこれからの品質管理