04.HACCP 有害小動物の駆除

こんにちは。
暑い夏が終わり、季節は秋に移り変わりつつあります。
虫の活動も少しずつ弱まってくるかと思います。
今年の防虫効果はいかがでしたか?

では、先月の続きに…
加工施設内に、トラップ(罠)を仕掛けモニタリングを実施した後、問題の箇所を洗い出します。
まず、見つかった有害小動物が、きちんと駆除されているかの確認を行います。
駆除されていない場合は、駆除します。駆除の際は、加工施設内で使用できる薬品や道具なのかを、きちんと確認して下さい。(有害物質の適切な表示、保管、使用、食用不適にする物質からの防御を参考に)
防虫・防鼠に使用する薬品は、食品製造工場内では使用できない薬品が多くあります。
その後、再度、工場内に発生しないように対策を講じます。
工場内に入り込まない様に、施設を工夫したり、工場内に侵入していないかのチェックを実施します。

有害小動物を侵入させないために、工場の入口の開放を禁止したり、入口を二重構造にしたり、外壁が壊れていれば補修したり、壁や天井などのすきまから侵入させないように埋めたり、工場内を陽圧管理することによって虫の侵入を防いだりして、加工施設への侵入を防ぐようにします。
各加工施設で、何をモニタリングするのかで異なりますが、これらの対策の効果等、確認するために頻度を決めてモニタリングしていきます。
例えば、ハエなどの虫の場合、加工施設内で見つかった場合は、短期的な修正としては、施設内のハエを捕まえていなくなるようにし、施設内外の廃棄物等の取扱い場所を清掃することになるかと思います。
清掃して発生がなくなれば、継続してモニタリングを続けますが、改善されなかった場合は、短期的な修正を続けながら、長期的な修正をして施設入口を改造したり(エアカーテンの設置や、エアシャワーの設置など)、ハエの発生源となっている箇所を施設から離れた位置に移設することが必要になってくるかもしれません。
上記は、一例ですが、モニタリングでの観察結果に対して、それを修正していくことで、施設内への侵入をなくしていく必要があります。
弊社では、外部委託業者に加え、工場内スタッフによる防虫チームによる活動を実施しています。