01.お勧めの1冊

ガール
奥田英朗  講談社文庫

働く女性を主役とした短編集の中から、「マンション」を紹介します。大手生保の広報に勤務する石原ゆかりは筋を通すタイプ。役員のインタビューに関し、度重なる日程変更を秘書室に質すと社会人とは思えない言い訳に腹を立てます。しかし秘書室の女性はコネと容姿で入社した別名「大奥」。大奥と抗争ができるのは石原だけだという周囲の冷やかしをよそに、秘書役の女性が担当する役員に告げ口をして彼女を地方に異動させるとの噂がたち、マンション購入を考えていた彼女は弱気になり・・・副題をつけるなら「女性の敵は女性」でしょうか。

もう1話、広告代理店の派手な女性担当者が提案する催事企画に次々と難癖をつける百貨店のお堅い女性担当者がその催事当日、一般女性から選んだ、ブランドを紹介するモデルに欠員が出て、自分がモデルとして壇上に立つ事が決まってからの変貌ぶりが面白い表題作他、女心が分からない自分でさえ応援したくなる作品集でした。