03.続・トランス脂肪酸ってなんでしょう

先月に引き続き、巷で話題のトランス脂肪酸について説明させて頂きます。先月までで飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いについて説明しました。今月はその続きから。

 

③シス型とトランス型

先月説明した通り、トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種です。一般的に体に良い油と言われる不飽和脂肪酸。その一種であるトランス脂肪酸がなぜ健康に良くないとされるのか。その理由は脂肪酸の結合の仕方の違いにあります。

体に良いと言われ、主に植物性の油等で自然界に存在している不飽和脂肪酸は、シス型結合と呼ばれる構造をしています。これに対してトランス脂肪酸は、その名の通りトランス型結合と呼ばれる構造になっています。シス型結合は炭素の2重結合を挟んで水素が同じ側に結びつき、トランス型結合は水素が炭素を挟んで反対側に結びついている状態です。

トランス脂肪酸は、牛などの反芻動物に極微量含まれる事がありますが、基本的に自然界には存在しない脂肪酸です。心臓病のリスクが高まる等、体に様々な悪影響があると言われています。

ああ

④トランス脂肪酸はどう出来る?

自然界に存在しないというトランス脂肪酸。このトランス脂肪酸を発生させる要因となるのが、「水素添加」と呼ばれる加工技術です。この水素添加とは、常温で液体の油から半固体・固体の油脂を製造する技術で、トランス脂肪酸が多い代名詞としてテレビでも多く話題になったマーガリンなどがこの水素添加によって製造されています。

「常温で液体の油を常温で固体の油にする」という事は、不飽和脂肪酸(=常温で液体)を飽和脂肪酸(=常温で固体)に近づける、という事になります。そして飽和脂肪酸は水素を目一杯持っている状態、不飽和脂肪酸は炭素の2重結合が有り目一杯持っていない状態。つまり、不飽和脂肪酸に「水素を添加」する事で飽和脂肪酸の特性に近づける技術という事になります。

111

このように、シス型の不飽和脂肪酸に水素添加する事で、トランス型脂肪酸の構造が出来上がってしまう事があります。水素添加されるものの、二重結合(=)が残っているので、トランス脂肪酸も不飽和脂肪酸の一種となります。

説明に2ヶ月も取られてしまいました。来月でまとめ!