05.工程が管理出来るようにしよう

顧客の品質要求事項などで示された品質特性を、工程でつくり込み、顧客に満足してもらえる製品を提供していくためには、工程が管理された状態であることが必要になります。常に工程が管理できる状態にするためには次のようなことが大切です。

(1)工程で何を管理するかを決めることからはじまります。工程で品質をつくり込み、効率的に生産を行なうために必要な管理項目を摘出し、設定します。

(2)設定した管理項目を管理できる道具立てを行ないます。工程を管理するための道具としては、QC工程図、作業標準書、加工条件表、設備・ポカヨケ点検シート、生産管理版、作業日報、品質データなどいろいろあります。これらの道具の中から、設定した管理項目が管理できる道具を選定し、作成します。

(3)管理する項目や管理する内容および管理するための道具の使い方などについて、作業者教育を実施し、決められたとおりに作業者が作業し、記録を確実に記録するように指導します。これが、工程を管理するうえで最も重要ポイントとなります。

(4)管理する道具も揃い、作業者教育により作業者が決められたとおりに作業しているか、記録も確実に取っているかをチェックするのが管理監督者の務めです。

また、問題発生時には、その原因を調査把握して是正処置を速やかに行い、管理する道具を改訂していくことができるようになったときに、はじめて工程が管理できる状態になったことになります。

工程が管理できる状態になったら、常に工程が管理された状態を維持し、改善していくことが大切です。

参考資料:よくわかるこれからの品質管理

日々の業務などで決められた確認事項を確実に行い、工程の異常をいち早く察知し、良し悪しの判断ができるように意識をもって取り組んで行きたいです。