01.おすすめの一冊

豊臣家の人々
司馬遼太郎  角川文庫
 
弱小とはいえ一応大名の出である信長や家康と比べても、農民から関白に登りつめた秀吉の出世度はNo1でしょう。しかし、農民出身であるがために譜代の家臣に恵まれず、身内で固めざるをえませんでした。加えて本人は長らく子宝に恵まれませんでした。それゆえの悲劇が第1話「殺生関白」です。
秀吉は実子を跡継ぎにすることをあきらめ、甥の秀次を関白にした後に実子(後の秀頼)が生まれます。秀頼を跡継ぎにしたい秀吉は辻斬りをしたなどの乱行を理由に秀次を処刑してしまいます。この乱行が事実かねつ造かは学者に任せるとして、その後の秀次の側室や男女を問わない幼子数十人の京都三条河原での公開処刑は、血なまぐさい戦国の世でも悪逆行為として有名です。詳細は描かれていませんが、側室になるため山形から京都に着き、秀次に会ってもいない駒姫の処刑は悲劇のシーンとして大河をはじめ映像化されています。この暴挙が豊臣政権崩壊の序章ともいわれています。