01.おすすめの一冊

十年交差点
中田 永一他4名  新潮文庫

十年をテーマに5人の作家が書いた短編集の中から「地球に磔にされた男」を紹介します。本書はタイムトラベルというかパラレルワールドものでしょうか。
本書で使用されるタイムマシンは、人を10年前に戻すと、地球は公転していてそこに地面はなく宇宙に放り出されるため、窒息しない一瞬で現在に戻すという未完成品でした。しかし10年前に宇宙の質量が一瞬変化するため戻る現在はタイムマシンを使う前とは違う現在でした。だから、誤ってそのマシンを使ってしまった本書主人公の柳が戻ってきた現在には、10年前に人生が分岐した柳が既に存在していました。戻ってきた柳はマシンの発明者に「俺の社会保障はどうなる?保険証は?」と問うと「あきらめろ。これからはひっそりと生きろ。」との答え。何十回マシンを使用しても同じ現在には戻れない柳は、何十種類もの違う10年を生きた自分に逢うのです。彼は自分の居場所を見つけられるのでしょうか。