08.山彦日記  10月1日

スポーツ大好きの山彦にとって10月といえばやっぱり「体育の日」である。それもついつい10月10日をイメージしてしまうのであるから、年もわかろうというものである。

体育の日は10月の第2月曜日であると思っている若い皆様に老婆心ながら申し上げれば、かつて体育の日は10月10日となっていた。その日は今をさかのぼること48年前1964年に開催された東京オリンピックを記念して1966年(昭和41年)より祝日となったとある。

山彦の田舎ではこの10月10日に地域住民による地域住民の運動会を行っていた。種目はリレー、綱引き、玉入れ、ムカデ競争や障害物競走、持久走なんてものもあったな。

田舎の広いグランドに各地区のテントをめぐらせ、お座敷ができる。大人は飲みながら(もちろん日本酒)観戦し、祭りのようにたい焼き屋やおもちゃ屋などの屋台も並ぶので競技に関係なくとも子供も楽しい。

そんな地域の運動会もいつの間にかなくなって、今は地区対抗のグランドゴルフ大会に変わっている。観戦者なし、屋台なし、テントもない。

主役である参加者は老人になったが、元気いっぱいなのは昔と同じだ。転換期はと考えると 奇しくも体育の日が現在のように10月第2月曜になった2000年のハッピーマンディ制度の適用期からである。やっぱり体育の日は10月10日でなくては盛り上がらないぞ。

余談であるが、山彦個人としては2020年のオリンピックは東京開催にならないかなと願っている。トップアスリートの雄姿を眼前で見る機会はそうそうない。オリンピックを生で見てますます元気な老人をめざすのだ。