05.検査業務について

生産工程とその品質活動

前回、紹介した工程ごとにある4つの品質。今回は各部署(工程)がどの品質に当てはまり、どのような活動を行うのかご紹介します。

工程※経営者
品質方針を設定し、各部門が品質方針に従って、品質保証活動が効率的かつ有効的に展開しているか把握し、必要に応じて品質保証体制を改善していきます。

工程※営業部門(企画品質)
顧客のニーズや要求事項および顧客の満足度を把握し、関連部署に的確に伝達します。
工程※設計開発部門(設計・企画品質)顧客のニーズや要求を満たすための製品の開発、基本機能(性能・耐久性・外観など)の試験・確認をします。

工程※製造部門(製造品質)
設計図で要求された品質を工程内でつくり込むためのQC工程図、作業標準書の作成、および設備管理・作業者教育を行うとともに不適合品の予防・是正処置を行います。

工程※購買部門(製造品質)
供給先の選定と評価を実施するとともに、製造部門・品質保証部門の協力を得て、供給先の品質指導を行います。

工程※出荷部門(製造品質)
異品納入などを防止するため、製品倉庫の管理および出荷管理を徹底します。

工程※品質保証部門(製造品質)
顧客のニーズや要求事項を満たすどおりに実践されているかを検証し、不適切な事項の是正を勧告します。

参考資料:よくわかるこれからの品質管理

紹介した活動は例にすぎません。 ですが、活動内容を見ると納得することばかりだと思います。自分がするべき活動を把握していないと、何かあったときにすぐに対応が出来なくなるかと思います。

活動を実行することで消費者に安心して使ってもらえる品質のものを提供することに繋がっていくのだと思います。