05.製造段階の品質保証活動

顧客のニーズを反映した品質特性を示した設計図どおりに製品を作り出していくことが、製造段階の品質保証活動です。
●始業点検・・・製造品質を確保するための大切な事項として、始業点検があります。始業点検については、チェックシートを用いて行っている場合が多いようです。

点検項目としては、設備の点検、治工具、刃具、測定機器、原材料、部品などがあります。点検時に異常があれば、即座に是正処置を行ってから作業を開始することが大切です。

●作業標準の管理・・・監督者は作業者が作業標準書どおりに作業を行っているかチェックし、問題があれば是正処置を講じます。作業標準書どおりに作業が行われていない場合は、その理由を聞き、作業者に問題があれば、作業標準どおりに作業ができるように作業者教育を実施します。また、作業標準書どおりに作業がやりにくいなど、作業標準書に問題があれば作業標準を改訂し、作業をしやすくします。

●不適合品の処理・・・製造品質は一般的に不適合率によって評価されます。工程で品質をつくり込み、不適合品を出さないように工程管理していくとともに、予防処置を講じていくことが重要です。
万一、不適合品が発生した場合には、生産を中断し、是正処置を行い、不適合品が発生しないことを確認してから、生産を再開することが大切です。

不適合品が発生した場合、再発防止のために発生原因を特性要因図などの手法を用いて追及し、把握します。そして、真の原因を取り除く是正処置を行うとともに、類似不適合品の発生を防止するために、水平展開を行うことが重要です。

参考資料:よくわかるこれからの品質管理

日常点検や作業標準の励行は良い製品を作る中の作業のひとつであることを頭に入れて製造を行うことで、ヒューマンエラーということがなくなるのかもしれません。