05.でき栄えが管理できるようにしよう

製造工程では、設計図に盛り込まれた品質、すなわち設計品質満足するために、工程で品質をつくり込みます。そのできあがった製品のでき栄えが、設計図で要求された品質にどの程度合致しているかを把握し、さらにでき栄えを向上させていくことが、顧客満足度の向上、不適合品の低減へとつながっていきます。

でき栄えを管理するには、次のように行動していくことです。

①目標の設定

目標としては、市場クレーム、顧客納入クレーム、工程内不適合品の低減などが挙げられますが日常の管理目標として、各工程ごとの適合品率を取り上げるのも有効です。

②計画の立案

目標達成するためには現状を分析し、何をいつまでに、誰がどんな方法でやるかを計画します。

③計画の実施

計画に基づいて、計画を実行していきます。

④実施状況の確認と対応

また、日常管理目標として、工程ごとの適合品率を取り上げた場合は検討会を開催し、目標の達成、未遂にかかわらずその原因を追究し、何をやるかを決め、実行していきます。

 

でき栄えの管理を行なうには、工程内で品質をつくり込む基本となる、検査基準書、作業標準書、の整備をはじめ、設備・治工具点検シートなど、工程で作業を行なううえで必要な標準書類を整備することが重要です。これらの標準書を基に作業者教育を行ない、決められたことを決められたとおりに作業できる仕組みを構築することも必要です。(参考資料:よくわかるこれからの品質管理)

最終製品の出来栄えを良くする為にはその間にある作業工程も必要不可欠なモノになり、怠ってしまうとクレームに繋がりかねません。目標値の達成度合、実行項目の進捗度合を定期的に確認し、達成度合いや実行項目の進捗状態が芳しくない場合はそれを是正するための手を打ちます。