【小松菜のおひたしの作り方】苦味抑えた美味い3つのおすすめレシピ

あなたは美味しい「小松菜のおひたし」を作りたいと思いませんか?

小松菜のおひたしは他の具材との組み合わせや調理方法によって、
普段よりおいしく作ることができます。

「小松菜」は人によっては、独特な味が苦手という人もいますが、
他の具材と組み合わせることで、苦みを緩和することができます。

また、「電子レンジ」と「めんつゆ」を使って調理することで、
栄養価を最大限の残し、おいしく味付けをすることができます。

今回紹介するレシピは、
栄養価が高く、簡単に作れる「小松菜のおひたし」を
さらに「美味しく・簡単に」することができます。

多くの人に食べやすく、簡単で美味しい組み合わせになっていますので、
レシピを知り、あなたの料理の参考にしていただければと思います。


1. 小松菜のおひたし相性抜群3つのレシピ

作り方の流れは1-1を参考にしてください。
1-2と1-3は異なる具材のレシピを紹介しますが、
具材が変わるからと言ってレシピの流れが変わるわけではありません。

私のおすすめは「小松菜と油揚げのおひたし」ですが、
それぞれのレシピには異なる良さがありますので、
お好みのレシピを試してみてください。

1-1 小松菜×油揚げ

           

☆おすすめポイント☆
小松菜のシャキシャキとして歯ごたえと甘めのダシをたっぷりと染み込んだ油揚げは、
小松菜の苦みを緩和し、触感の違いを楽しめる、美味しい料理になっています!

〇材料(2~3人前)
・小松菜・・・1束
・めんつゆ(2倍濃縮)・・・50ml
・水・・・100ml
・油揚げ・・・1/2枚
・鰹節・・・一つまみ

1. 小松菜を5cm幅に切る

2.油揚げを細め(0.5cmぐらい)の短冊切りにする

3. 小松菜と油揚げをレンジで加熱する

カットした小松菜と油揚げを耐熱皿に入れ、
ラップで包み、電子レンジで600Wで2分間加熱する。
500Wの場合2分20秒程度加熱する

4. 味付け

めんつゆを濃縮度に応じて、水を足して調整します。
二倍濃縮ならめんつゆ50mlに水100ml
三倍濃縮ならめんつゆ50mlに水150ml

加熱した小松菜と油揚げを皿に移し、和えてから調味液を掛けて浸します。

◎加熱すると水分が抜けるため、少し水気をきってからお皿に移してください。
◎調味液が少ない場合は、量を増やすか、キッチンペーパーを上に広げ味がなじみやすいようにする

5.冷蔵庫に入れて味をなじませる

冷蔵庫に移し、1時間程度味をなじませます。

6.盛付・トッピング

お皿に盛り、お好みでトッピングに鰹節をまぶせば出来上がり。

1-2 小松菜×えのき

☆おすすめポイント☆
えのきのキノコ独特な歯ごたえがよく、きのこの甘みが美味しい、
甘みいっぱいで、素材の風味を楽しめるおひたしとなっています。

〇材料(2~3人前)
・小松菜・・・1束
・めんつゆ(2倍濃縮)・・・50ml
・水・・・100ml
・えのき・・・1/2袋
・鰹節・・・一つまみ

※えのきは加熱されると少し縮む為、5㎝程の長さにカットしてください。

1-3 小松菜×もやし

☆おすすめポイント☆
安くて美味しくて簡単、もやしのシャキシャキとした歯ごたえが癖になる、
栄養バランスの取れる、身体にやさしいおひたしです!

〇材料(2~3人前)
・小松菜・・・1束
・めんつゆ(2倍濃縮)・・・50ml
・水・・・100ml
・もやし・・・1/2袋
・鰹節・・・一つまみ


2.電子レンジで小松菜を加熱すれば、時間短縮になります!

小松菜はアクが少ない為、「湯通し」が必要ありません。
そこで、私は「レンジ」を使った、加熱方法をおすすめします。

小松菜に含まれるシュウ酸と呼ばれるアクは、
ほうれん草と比較すると非常に少ないため、
湯通しをしてアク抜きをする必要はありません。

鍋を使いお湯を準備する手間が5分程度かかるのに対して、
電子レンジを使えば2分で加熱までの工程が終わります。

準備や洗い物などの手間を省き、時間短縮にも繋がる
レンチンは「小松菜のおひたし」と相性の良い調理法と言えます。


3.小松菜のおひたしの味付けには「めんつゆ」をおすすめします!

めんつゆは簡単に、おひたしを「だしが香り甘い味わい」に仕上げてくれます。

「短い時間」で
「簡単に味の調整」ができる、

めんつゆは小松菜のおひたしにおすすめの調味液と言えます。

「めんつゆ」にはだしに醤油や砂糖、調味料などがすでに調合されており、
濃縮度に応じて、水を足すだけで完成します。

2倍濃縮なら、

・めんつゆ・・・50ml
・水・・・100ml

といような計量をするだけで完成です。

3-1 わたしのおすすめは「ヤマキのめんつゆ」です!

私のおすすめは「ヤマキのめんつゆ」です。

・すっきりとした風味の鰹節とまろやかでマイルドな宗田鰹節の二種類からだしを取る
・香りや上質なうま味がたくさん詰まった「一番だし」
・だしと調味料を調合する際の「かえし」にこだわる

というような、一般家庭ではできない製造を行って作られているため、

簡単だけど、味わい深い味付けにすることが簡単にできるので、
そういった、メリットが「めんつゆ」をおすすめする理由です。

 だしをとる手間、醤油やみりんを調合する手間を省けて、
失敗せず美味しく作れる「めんつゆ」は最強の調味液と言えるでしょう。

3-2 だしから作るとより本格的にも出来ます!

だしから作ることで、めんつゆ以上に「素材の香り」を強く感じることができます。

また、自分好みの味付けをアレンジすることができます。

おすすめする配合は以下の通りです。

・だし汁 ・・・100ml
・濃口醤油・・・ 25ml
・みりん ・・・ 25ml

(だしの取り方https://www.kobayashi-foods.co.jp/washoku-no-umami/stock-cooking

めんつゆを使うよりも手間はかかりますが、
自分だけの「こだわりのおひたし」にすることができますので、
気になる方は、ぜひ一度作ってみてください。


4.小松菜のカルシウムはほうれん草の3.5倍あります!


(100gあたり)

健康面を考慮するならほうれん草よりも小松菜のおひたしがおすすめです。

小松菜は「カルシウム」と「鉄分」の含有量の多い、栄養価の高い野菜として有名です。
ほうれん草と比較しても、カルシウムは約3.5倍、鉄分は約1.4倍高い数値を誇ります。

つまり、小松菜のおひたしは、簡単に作れて食事のバランスを整えてくれる、有効的な料理と言えます。


5.まとめ

いかがだったでしょうか?
小松菜のおひたしは、他の食材と掛け合わせると、
小松菜の独特な味を抑え、美味しく食べることが出来ます。

また、「レンジ」や「めんつゆ」を利用することで、
栄養価を逃がさず、時短で簡単に調理をすることが出来ます。

栄養価の高い、小松菜のおひたしは
食事のバランスを整えるのにおすすめできる
「もう一品」に向いていますので
是非レシピを参考しにしていただき、
あなたの食生活を豊かにしていただければ嬉しいです。

ありがとうございました。

業務用サイト-トップページ

鰹節をご使用されるあなたの「あんな風にしたい、こんなふうにしたい」という想いを叶える為に、丁寧にお話を聞く事を大切にする会社です。

こんな悩みはありませんか?

  • 大量の削り節が必要だけど対応してもらえるかな?
  • 安定的に供給してもらえるかな?
  • 自社商品を開発してみたけど、出汁感が少しだけ薄いのでもう少し濃くならないかな?
  • 製品のトレーサビリティの証明書原産地証明書は出してもらえるのかな?

味だけでなく、メーカー、仕入れ担当者、営業、品質管理などで、ご要望は様々です。トレーサビリティの証明書原産地証明書や、大量発注など、様々な思いを叶えます。

鰹節の専門アドバイザーがおりますので、お気軽にご相談ください。

無料Ebookプレゼント

家庭でも実践できる!
うま味が凝縮された
美味しい和食料理を作るための全知識

「もっと美味しい和食を作りたいけど、
なかなかコツが掴めない」と
悩まれていませんか?

和食は繊細な味付けが肝となりますが、そのコツがわからないと悩まれる方は驚くほど多いものです。

特に日本人である以上は美味しい和食を当たり前のように作れるようになりたいと思いますよね。

本冊子では、かつお節の専門家として長く和食に携わってきた私たちが、全ての日本人に知っていただきたいと考える

  • うま味を7〜8倍に引き上げる食材の組み合わせ
  • 素材のうま味を最大限引き出すだしの取り方
  • 「花かつお」と「かつお厚削り」の取り入れ方の違い
  • 誰でも実践できる温かみある和食特有の味付けのコツ

など、美味しい和食を作るための全知識を35ページに渡ってわかりやすくまとめました。
ぜひ、本冊子の知識をもとに美味しい和食を作ってみてください!

コメント

うま味が凝縮された
美味しい和食料理を作るための全知識
うま味が凝縮された
美味しい和食料理を作るための全知識